teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/135 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

書き込みに気づかず・・・申し訳ありませんでした

 投稿者:Hiromi  投稿日:2015年 5月15日(金)01時08分58秒
  通報
  この掲示板はゾンビ化していると思ってた上に、久々の書き込みの後、手術後入院中のモナが亡くなったもので落ち込んでしまい、そのままチェックしてませんでした。たぶん、書き込んだ2日後ぐらいに亡くなってしまったかな・・。その日に迎えに行く予定(手術後1週間入院の予定)でした。片道2時間半の労力と9万円の出費で2重に痛い思いをしました。
詳しい経緯は新しいホームページに載せておきましたので、よければご一読ください。昔のコンテンツも残そうとしていますが、最近流行のHPとフォーマットが違うため修正中のページ残っています。まぁ、ブログにしちゃった方が楽なんですけどね。
やっとデジカメ(ミラーレス一眼)も入手したし、高解像なWEBカメラも安く入手できたので、今後は写真と動画でのコンテンツを多くしようと思っています。

モナの兄弟が元気で生きているとのこと、何より嬉しい便りです。『運良く病気や怪我、環境悪化などが無ければ』、オカメは30歳を軽く超えるそうですよ。ただ、獣医統計では「寿命7~8年」ということらしいです。そりゃ~まぁ、病気や怪我の鳥ばかり診ている人たちの経験での統計ですからね。
だから、せめてウチで生まれた子たちは20歳超えはしてほしかったのです。現在、母ピキュが最高齢で16歳半ぐらいです。

いくら悲しい出来事があったとしても、生きている者は、人も鳥もより良い方向へ進んでいくしかないですからね。血統が近く孵らない卵、運良く孵っても死亡率が高く、結局、孫世代は2羽(ルチノーの♂と♀)だけです。それで孫世代に新しい血を入れてみようと、最近1羽新人さんを入れました。手乗り崩れのパールパイド(たぶん♂、約2歳)ですが、どうやらルチノー系に興味がないらしくメイ@我が家の長男ノーマルの子供(弟子?)みたいな関係性になっています。
でも、新しい若いメンバーが増えて、我が家の鳥たちも活性化しているようです。オカメは用心深く保守的な面がありますが、好奇心が強くて同じような日常に退屈する面も持っていますからね。
それから、最近は家でできる範囲で野菜の栽培を始めました。小松菜は切らさないように3週間に一度は種まきですね。一般的な菜挿しだと水切れになって駄目になりますが、たっぷり水の入った洗面器に根付きのまま漬けておくと2~3日保てます。春は小松菜の代わりに菜の花(花が一部開いたもの)を置いておいたら、全員で花に好奇心を示し、洗面器を取り囲んで花とつぼみが一瞬で食い尽くされました。
その辺のエピソードも、そのうち写真か動画でアップする予定です。
よければ、またお付き合いください。

http://tielswing.192thspace.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/135 《前のページ | 次のページ》
/135