teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こんにちは♪

 投稿者:koto  投稿日:2006年 3月29日(水)20時00分13秒 akari.208246.netwave.or.jp
返信・引用
  26日に投稿した者です。
私の書き方が分かりにくかったですね。子供は一昨日月曜入院・・・の予定だったのですが・・・!延期になってしまいました。
子供は多シ症(うーん、漢字が出ない)で足指が1本多く、切除手術の予定でしたが、季節柄(?)ちょっと鼻が出ており、とはいえ熱もないので、さーあ今日から付き添いだ!と連れて行ったのですが、担当医による同意書の説明等を受けている時ふと「あれ?鼻がでてますねえ・・・手術はちょっと無理かもなあ」と意外な展開に。
鼻が詰まっていると全身麻酔をかけた後に肺に損傷がある、と簡単に言うとそういう説明でしたが・・・それは是非先に教えておいていただきたかったなあ!!というのが正直な感想です。さすがに熱が出てたら手術は無理と思いますが、我が子の場合、鼻はしょっちゅうズルズル出ます(自慢じゃないけど)。それとも鼻が出てたら全身麻酔は無理、というのはもしかして常識??なんて考えた程、驚きでした。
お医者さんのおっしゃることはよく分かったし納得しているのですが、入院だから、と上の子を実家に預け、留守の間のあれこれを夫に頼み、仕事も多くの方に迷惑かけ・・・長距離を走った後のような状態で病院に来てみれば・・・脱力です。せめて鼻が出てたら手術を受けられませんよ、と一言教えておいてほしかった・・・と思ってしまいます。
今度は4月末の入院予定となりました。リンクされてる「魔女先生の魔法の薬」HP等見て只今勉強中です。今度は鼻出さないようにしないと・・・!

あと質問なのですが、ガラシャさん、多シ症についてのHPなどご存知ないでしょうか?検索してみたのですが、なかなか見当たらず・・・。現在も探してます。

長々と失礼致しました。入院延期になったことで、とりあえずお花見に行く楽しみは増えました。では。
 
    (管理人) kotoさん、こんばんは。
うちも最初の入院で、熱出して中止だったんですよ。
東京から大阪まで行ったのに!
今度はうまくいきますように。
魔女先生のサイトはいいですよね。
リンクの「外的奇形関連(口唇顎口蓋裂・多肢等)」の中の
「Cactus's Room」はどうですか?
熱心な管理者で、活発なサイトですよ。
ではでは。
 
 

私もです。

 投稿者:koto  投稿日:2006年 3月26日(日)00時57分19秒 akari.208193.netwave.or.jp
返信・引用
  読売新聞で記事を拝読し、なかなかアクセスできずにいたのですが、ようやくお邪魔することができました。
下の子が来週の月曜から入院です。足指が一本多いので、その手術の為1週間ほど。
まだ1歳になったばかりで心配事はイロイロありすぎますが、このHPを知ることが出来てよかった・・・心から感謝です。
 
    (ガラシャ!) kotoさん
見てくれてありがとうございます。
手術を経験されたんですね。
お疲れ様でした。
少しでもお子さんを入院させる親御さんに、
お役に立てるようサイト運営していこうと思います。
ありがとうございました。
 

わたしも・・・

 投稿者:ぱふ  投稿日:2006年 3月16日(木)17時18分37秒 i220-221-245-235.s04.a036.ap.plala.or.jp
返信・引用
  読売新聞で知りました。
はじめましてです・・・先ほどアンケート返送させていただきました。
子供の入院で困っていた事、私だけじゃないってうれしく思いました。
私は現在は夫の転勤で、徳島県在住ですが、北海道出身なんですよ~
 
    (ガラシャ!) ぱふさん
いらっしゃいませ。
新聞も見てくださってありがとうございます。
アンケートにご協力ありがとうございます。
食事もなく、寝る場所も十分でなく、邪険に扱われて、
あんなに困っていても、
医療者にはそれが伝わっていなかったのかもしれないと
思います。
新聞もそれを伝える手段となったらうれしいです。
北海道は、函館でもまだ雪がありますよ~
あったかいんやろうなぁ、桜咲いたはりますか?>徳島
 

読売新聞で

 投稿者:YUTAの母  投稿日:2006年 3月14日(火)13時24分46秒 h219-110-056-001.catv01.itscom.jp
返信・引用
  しりました。
ムスコが入院していたときにこのHPを知っていれば
もっと有意義な入院生活だったかな??

うちのムスコは天使になってしまったけど
でも、他のHPやブログでたくさん応援してもらって
いましたし、私なりに出来たと思っています。

わたしのようなお母さんを応援してくださいね。

わたしのブログにリンクさせていただいて
よろしいでしょうか??

よろしくおねがいします。

http://plaza.rakuten.co.jp/0205yutaarigato/

 
    (ガラシャ!) YUTAの母さん
はじめまして。
見てくださってありがとうございます。
私ももちろん入院のこと、医療との付き合いのこと、
模索中です。
こちらこそ教えて応援してくださいね。
ブログ見せていただいています。
こういう生の情報こそ、誰かのお役に立つことと思います。
リンクありがとうございます。
 

今日はひやかしだけでなく

 投稿者:グンツマ  投稿日:2006年 2月23日(木)16時40分14秒 P222013035017.ppp.prin.ne.jp
返信・引用
  久しぶりに、じっくりと読み直しさせていただきました。
数年ぶりに息子が入院して(たったの4日間でしたが)
改めてガラシャさんの存在がどんなに心強かったことか・・・

付き添いで疲れきっているお母さんたちに、こんなサイトがあるよ、と
教えてあげる暇もなく家と病院を行き来して退院してきましたが、
本当はドクターや看護士さんに読んで欲しいなぁ・・・
もし次にゆっくり付き添いする機会があったら(無い方がいいけど)
教えてあげましょうっと(*^。^*)
 
    (ガラシャ!) グンツマさん
この度はお疲れ様でした。
入院がこういうものだということを知らないと
入院が余計につらくなるんですよねえ。
ちょっとでも知っておいてほしいという気持ちと、
関係のない世界であり続けてほしいというのもあります。
このサイト、意外とDr.Ns.さん見ていると思います。
IPアドレス見ているとね^^;
 

トップページに載せて頂き~

 投稿者:たいしだいり~メール  投稿日:2006年 2月19日(日)22時50分34秒 FLH1Abz234.aic.mesh.ad.jp
返信・引用
  ガラシャ様

川田たいし写真展のお知らせをトップページに載せて頂き~
恐縮いたしております~本当に有難うございます。

パソコンを上手く操れなく・・・
誰かの助け無しには何も出来ず~
たいしのHPにリンクが出来ていません~
お許し下さいね。
只今、たいしと写真展の準備を楽しんでいま~す。
名古屋のお近くの方是非遊びに来てくださいね~!!

http://www.geocities.jp/reiint/index.html

 
    (ガラシャ!@管理人) たいしだいりさま
はじめまして、まもなく開催ですね。
ご準備にお忙しいことだと思います。
私は遠くて参れず、申し訳ありません。
どうぞお体にお気をつけて、
すばらしい写真展を成功されますように。
 

第8回NPHC研究フォーラム

 投稿者:ガラシャ!メール  投稿日:2006年 2月16日(木)21時35分34秒 nthkid042069.hkid.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
                        第8回NPHC研究フォーラム
テーマ『こどものためのホスピタルプレイ(診療前・中・後の遊び支援)』

主催:こどもの病院環境&プレセラピーネットワーク(NPHC)
後援:東京電機大学エクステンションセンター
日時:2006年2月25日(土)13:00~17:00
会場:東京電機大学神田校舎7号館 丹羽ホール(定員350名)
   (〒101-8457 東京都千代田区神田錦町2?2)

内容:

1. 開会の辞:高橋 健(東京電機大学エクステンションセンター長)

2. 趣旨説明:柳澤 要(NPHC代表、千葉大学工学部助教授)

3. 来賓挨拶:西出和彦(東京大学工学部建築学科助教授)

4. 講演「香港におけるホスピタルプレイとプレイスペシャリスト養成コース」:
  イヴォンヌ・ベッチャー(香港大学職業継続教育学部ホスピタルプレイスペシャリスト養成コース・コーディネーター兼講師,NPHC顧問)

5. パネル・ディスカッション「病院におけるこどものためのホスピタルプレイ」

 パネリスト(五十音順)
・ 鹿島房子(独立行政法人国立病院機構千葉東病院療育指導室主任保育士・音楽療法士)
・ 田中恭子(順天堂大学医学部小児科医師・英国HPS)
・ 岡田由美子(あいち小児保健医療総合センター保育士)

6. 質疑応答




--------------------------------------------------------------------------------



資料代・参加費:会員1,000円,非会員(学生1,000円,一般2,000円)
申し込み:事前申し込みは不要です。当日、会場にお越しください。
問い合せ先:千葉大学工学部デザイン工学科 柳澤研究室
fax. 043-290-3163
e-mail. kanamey@faculty.chiba-u.jp


<講師紹介>
イヴォンヌ・ベッチャー氏は、オーストラリアで臨床心理学を学び、病院小児科での研究助手を勤めた後香港に移り、こども病院等においてホスピタルプレイに関する実践的調査研究に取り組んだ。その成果を活かして国立香港大学にホスピタルプレイ養成コースを開設し、コーディネーター兼講師として、その運営に携わってきた。

来賓の西出氏は故野村みどり代表の夫

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kakumi/nphcinfo7.htm

 

はじめまして

 投稿者:enkao  投稿日:2006年 2月 7日(火)21時09分15秒 SAINS.sapmed.ac.jp
返信・引用
  まだ未婚で、しかも子供がいるわけではないのですが。
先日は日記にコメントありがとうございました。
私もリンク張らせてください♪

アットホームで、受容幅の広いこのHPを見ただけで、
当時試験中だった私は癒されました。

こういう雰囲気を出せる女の人に
今後はなっていけたら良いなと思います。

http://www.geocities.jp/e5n1k1ao/

 
    (ガラシャ!@管理人) enkaoさん
リンクありがとうございます。
何にも知らないおばちゃんのサイトです。
いろいろ教えてください、突っ込んでください。
どうぞよろしく。
ではでは。
 

リンクさせていただきました

 投稿者:かいな  投稿日:2006年 1月27日(金)10時26分3秒 softbank219031092014.bbtec.net
返信・引用
  はじめまして。
以前子どもが入院した時に、駆け込み寺のように使わせていただきました。

事後報告で申し訳ないのですが、私のブログに
リンクを貼らせていただきました。
http://blog.livedoor.jp/kainakaina/archives/50359356.html

この時期、肺炎などで入院されるお子さんも多いです。
いろんな人に、こちらのサイトを知っていただけるといいなと思っております。

なにかの事情でご迷惑になるような場合は、仰っていただけるようお願い申し上げます<(_ _)>

http://blog.livedoor.jp/kainakaina/

 
    (ガラシャ!) かいなさん
はじめまして。
リンクありがとうございます。
ちょっとでもお役に立てたら、うれしいです。
病気はいやだけどね。
ではでは。
 

事後報告となってしまいましたm(_ _)m

 投稿者:Ta-K  投稿日:2006年 1月19日(木)03時05分59秒 nthkid069076.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
   今回、ブログにて貴HPを紹介させて頂きました。
 本来であれば事前に承諾を得るべきで、尚かつガラシャ!さんに先に訪問して頂いて大変恐縮です。
 もし掲載について不都合等あれば遠慮無くお申し付け下さい。
 これからもどうかよろしくお願いいたします。

http://plaza.rakuten.co.jp/tak1975

 
    (管理人) Ta-Kさん
いらっしゃいませ。
紹介とリンクありがとう。
いきなり訪問して驚かしました。
配下の忍者が見つけたんですよ^^;
マックくんお大事に。
ではでは。
 

レンタル掲示板
/19