teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


リンク訂正お願いの件

 投稿者:洋梨  投稿日:2009年 3月14日(土)01時36分7秒 3d2caadb.ip.ncv.ne.jp
返信・引用
  お元気ですか?やっと自転車に乗れる気温になってきましたね!
まだまだ油断は禁物ですが、、、

突然ですがこのたび、諸事情によりブログ移転致しました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!

http://younashi474.blog113.fc2.com/

 
 

今年もありがとうございます

 投稿者:ガラシャ!  投稿日:2008年12月31日(水)23時58分17秒 nthkid181018.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  あんまり更新していませんが、
たくさんの方にアクセスしていただき、
ありがとうございます。
子どもの医療を取り巻く状況は、日々変化し、
発展したり、後退したり、ゆがんだり、整ったり、
患者も医療者も振り回されているように思います。
そんな中、いろんな人の協力や理解が、
医療をよりよくすると思います。
より理解されるように人を理解し、
より協力を得るために人に協力することが、
来年の目標かしらっと
思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

リンク頂戴していきます♪

 投稿者:洋梨  投稿日:2008年 7月 1日(火)08時51分0秒 0xd3086075.rev.ncv.ne.jp
返信・引用
  いつもお世話になっております。
先日は「洋梨の函館生活」にもコメント下さり、ありがとうございました。
差し支えなければ、当ブログでリンクさせて頂きたく、、、
いや、ズバリ言うと、頂戴していきますので、よろしくお願い致します♪
※差し支えるようでしたら、ご連絡下さい(笑)
 
    (ガラシャ!@管理人) 洋梨さん
こちらこそお世話になっております。
リンク、とても光栄です。
ありがとうございます。
病人情報ではなく、育児情報として、
このサイトを作っていきたいと思っています。
最近はめったに更新しませんが、また覗いてください。
 

メールを下さったMさんへ

 投稿者:ガラシャ!メール  投稿日:2008年 1月16日(水)15時38分39秒 nthkid030061.hkid.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  返信しましたが、メールが届かなかったようです。
ご覧になって下さったらいいのですが。。。

----------------------------------------------------------------
Mさん

はじめまして、こんにちは。
大変ご不安な様子ですね。
紹介状で大学病院にいった場合、
紹介状を書いた医師は大学病院で説明してくれると思い、
紹介状にかいてあることは、説明する必要がないと思われて、
説明不足になることがあるようです。
私もよく似たことを感じたことがあります。
残念なことですね。
不信感を抱いてしまうのも無理ありません。
なかなか説明が上手な先生に会うのは難しいことですが、
主治医でも、ナースでも、研修医でもいいですから、
聞きまくるのが、患者のできることです。
安易に、ネットで情報を得て、不安を膨らまさないほうがいいですよ。
また手術を延期するのは、多くの場合、
患者の利益になりません。
待つ時間が増えてしまったり、選択肢を狭めかねません。
慎重に判断したほうがいいと思います。
大変失礼ですが、その病名の手術は、
それそのものは命にかかわらないし、手術が難度も高くなく、
あまり不安を持たなくていいと思いますよ。

手術直前に説明があるのは、普通だと思います。
病気の説明というより、手術の説明ということではないでしょうか。
おそらく全身麻酔もあるでしょうから、
その説明もふくめてあることでしょう。
電話でもいいですから、手術の説明の前に、
「この子の病気は何で、どうしたら治って、
 治らなかったらどうなるか」
を整理して聞く機会を作っていただくのはいかがでしょうか。

なおかつ不安や不信を持っている場合は、
親として自身を持って行動してください。
無理して不安なまま流される必要はありません。
冷静に考えてくださいね。
私も通ってきた道です。
Mさんも難なく越えられることだろうと思います。

http://homepage3.nifty.com/nyuin/

 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ガラシャ!メール  投稿日:2008年 1月 3日(木)16時48分20秒 nthkid061229.hkid.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  子どもが年末に手術し、
年末年始を病院の中で母子で迎えたことがありました。
上の子たちは、遠い私の実家に預けられていたなぁ。
今年のお正月も、病院で迎えたり、
家族がバラバラになっている人もいらっしゃることでしょう。
本当にお疲れ様です。
今年は病気のお子さんが元気になって、
ご家族の皆さんもみんな幸せでありますように。
 

サイト運営してます!

 投稿者:ガラシャ!  投稿日:2007年12月14日(金)07時22分20秒 nthkid077228.hkid.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  掲示板レンタル会社さんが、なんだかおかしなことを始められましたが、
ちゃんと管理人は運営しておりますので、
よろしくお願いいたします。
このサイトに関して、思いなどありましたら、
どうぞ書き込んでくださいね。

http://homepage3.nifty.com/nyuin/

 

本「小さな温もり」のご案内

 投稿者:佐伯 トシコメール  投稿日:2007年 6月 4日(月)23時51分54秒 eAc1Afr062.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  はじめまして!先般NPOファミリーハウスのご紹介がありましたが、私は神奈川県立こども医療センターの近くの「よこはまファミリーハウス」の提供者です。10年ほど活動をしております。この度、滞在されたご家族が自由に書き込むノートがありそれを第2版{小さな温もり」として編集自費出版いたしました。このノートは病気のお子さんを持つ家族からのメッセージとして体験された皆様には大変貴重な存在となる事から本としてまとめたものです。もし、何かのお役に立つようであれば寄付させて頂きます。このノートから子どもの病気を受け入れる事ができた等体験された親御さんのメッセージが詰まっております。サイト「よこはまファミリーハウス」をご覧下さいませ。第1版も増刷中です(にじのいえ」。利用され、ノートにご記入されたお母様、プレゼントさせて頂きますので少々お待ち下さいませ。
 
    (ガラシャ!管理人) はじめまして。
本のご紹介ありがとうございます。
いつもたくさんの子どもたちと家族がお世話になっております。
本当にありがとうございます。
病院では病気は診て貰えますが、
実は親の心のこと、家族のことは
本当はとても大きな問題なのに、
診てもらえることも聞いてもらうことも難しいのです。
患者にとって必要なものがたくさん詰まったご本だと、
思います。
たくさんの人に見ていただきたいと思います。
 

親の思いは皆同じですね

 投稿者:風ちゃんママ  投稿日:2007年 5月19日(土)09時14分55秒 L016100.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  2歳の娘の母です。子供の入院、考えたくはないけどもしかしたらあるかもしれないと思うと、このサイトはとても心強い味方ですね。元気な子供の笑顔が見れますように!  
    (管理人) はじめまして。
親の思いは子どもの笑顔ですね。
そのために必要な時間として、前向きに入院も考えようと思っています。
それをサポートするために、
当事者以外の意識や協力も必要です。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

はじめまして

 投稿者:たっくんまま  投稿日:2007年 5月13日(日)15時02分50秒 61-199-174-49.catvy.ne.jp
返信・引用
  はじめまして。一週間後に子供の入院を控えています。先天性側わん症で手術をする予定です。整形外科に入院しますが色々と不安でいっぱいです。私自身看護師をしていますが、病院の事情等も少しはわかっているつもりなのでますます不安です。付き添いをします。
子供は別に痛いわけでもなく、何不自由がないわけなのでストレスが溜まると思います。
毎日公園で元気いっぱい二時間も遊ぶわけですから・・・声も大きく、周りの患者さんに迷惑にならないかと考えたり。小児科に入院すると少しは気が楽なんですが・・・
入院生活を少しでも楽しく過ごせる方法を教えてください。
 
    (管理人) はじめまして。
入院中でしょうか。お疲れ様です。
ストレスのないわけのない入院ですが、
楽しく過ごすことは、いろんな工夫でできると思います。
まったく知らなかった世界を探検する気持ちで、
医療者のお仕事を覗くというのもいいですよ。
どうぞお大事に。
 

ご存知ですか。

 投稿者:りんの母メール  投稿日:2007年 3月 5日(月)11時03分51秒 host-187.dhcpn18.icn-tv.ne.jp
返信・引用
  子どもが、難病や重篤な病気になったとき地元を離れて、大都市の病院を進められた家族のために役立つ情報です。
 ファミリーハウス(http://www.familyhouse.or.jp/
 難病の子どもと家族のための宿泊施設です。
 日本ホスピタル ホスピタリティ ハウス ネットワーク(http://www.jhhh.jp/
 病気の子供と家族のための病院近くの我が家です。

わがやは、もう10年長こちらの施設のお世話になっています。

 それと、育成医療の制度の紹介はいかがでしょうか。
 (県が以前は窓口でしたが、ここ最近は県から、市への以上が多いので調べてください。)
 国が決めた施設で、手術により改善が見込める場合だったと思いますが、家族の収入に応じて、通院や入院費が免除・もしくは減額される制度があります。
 医者によっては、自ら、勧めてくださる人もいますが、そうでない方もいます。
 長期の場合、医療費がかさみ、大変ですので、参考になれば幸いです。
 
    (ガラシャ!@管理人) りんの母さん
貴重な情報ありがとうございます。
育成医療の制度は、
申請を何度してもいまだにわかっておりません。
役所でたらいまわしになったことだってありますから、
まぁ仕方ない^^;
また変革の時期でもあり、
ぼちぼち勉強してコンテンツ作っていきます。
ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/19