teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トリミング大

 投稿者:S.Noda  投稿日:2012年10月17日(水)00時29分45秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

コアジサシが渡りの途中で池に寄っていったんですね。塩気の無い淡水の魚はおいしいのでしょうか? 丸呑みなので味覚は関係ないのでしょうけど。

近くで大珍鳥が出たとかで大騒ぎですが、自分は地味にやっています。
しかしコレといった秀作はなかなか撮影できていません。ノビタキもトリミング大で誤摩化しています。
あと数週間は移動中の小鳥が狙えると思うので頑張りたいと思います。

そうそう、ジョウビタキもボチボチ来ているみたいなので、そちらも期待です。
 
 

カモも来ました。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2012年10月15日(月)12時12分42秒
  こんにちは。だんだん秋らしくなってきました。

先週ごろから池にヒドリガモが入っています。数も少しずつ増えてきました。ほかにオオバン、コガモなども。でも、いっぱい来ているという感じでは、まだありません。それよりコアジサシを見たほうが懐かしかったですね。

タカの渡りは見ないままです。ヒヨドリの集団をみた程度。ハクセキレイはいます。羽色がもう一つハッキリしませんけど。そういえばバンのなかにも嘴のまだ赤くないのがいます。 では、また。もう少し歩いて、もう少しマシな報告をしたいものです。

 

近所ではハクセキレイ

 投稿者:S.Noda  投稿日:2012年10月 3日(水)00時28分49秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

もうモズが降りてきましたか。こちらの近所ではハクセキレイが姿を見せ始めました。コントラストの強いものと淡いものが混じっていました。家族で移動中なのでしょうか。

ブログの方にも書きましたが、9/24に豊中市内でタカの渡りを見ました。見たと言っても肉眼で見えるギリギリの小ささなんですが。
服部緑地付近の上空で上昇気流に乗り西へ流れ、空港付近でもう一度上昇していました。
そんなタカの渡りに周囲の人は誰も気づいていないのが面白いです。
自分の知らない昆虫や植物、魚などでも身近で気が付かないことがたくさんあるのでしょう。
機会があれば、そんな世界もちょっと覗いてみたいです。
 

モズに出会いました。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2012年 9月30日(日)11時44分52秒
  こんにちは。台風が来てますね。お話では週明け、タカの渡りが期待できそうですが、私のほう、そんな機動力はありません。昔は葛城山などに登って待っていたこともあるのですが…。

平凡な健康ウォーキング。それでもヒヨドリが増えたな、程度の感想は持てます。一昨日は高木のトップに座を占めていたモズと対面しました。よお、帰ってきたかという感じでカメラをもたもた構えていたら、たちまち逃げられてしまい、残念。

あとはバンやカルガモのカップルをいつもの池で見るみくらいです。

彼岸花を探して歩き、昨日見つけました。去年咲いていた場所には見つからず、あるいはこちらが場所を覚えきれてないのかも。何事も、ボツボツと。 では、また。

 

そろそろ

 投稿者:S.Noda  投稿日:2012年 9月15日(土)00時31分54秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

ここ数年の夏期はお魚ウォッチングに夢中で、鳥の方はお休みです。
以前はタオルを首に巻いて炎天下の農耕地や海岸に行っていたのですが、最近は涼しい方を選んでしまいます。

毎年行っている本州最南端では今年もアマツバメを観察。
近くを通過するタイミングはあったのですが、頻度が少なく撮影には至りませんでした。

さて、そろそろタカ渡りが始まります。
大きな台風が通過した後にドッと渡りそうなので、そのタイミングが週末に当たるように期待しています。
 

暑く長い夏でした。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2012年 9月10日(月)06時27分41秒
  おはようございます。すっかりご無沙汰しました。おかわりありませんか。それにしても暑くて長い夏でした。私のほう、まだまだ気力が湧きませんが、ぼつぼつとも思っています。

夏のあいだは夜明け前・短時間・早足散歩に切り替え、早々に引き上げていました。したがって目にする鳥は、もっぱらスズメにカラス、それとムクドリ。時にメジロどまり。

でも夜明けが遅くなり、朝のあいだ、少しは涼風を感じもします。空にイワシ雲、地上にツユクサ。ハギも花をつけてきました。また時々、お話できたらと思っています。以上、とりあえず。
 

ホッ、ホッと声が

 投稿者:S.Noda  投稿日:2012年 7月16日(月)22時53分56秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

すっかり夏になってしまいました。初夏の撮影は今年も思うようにいかず、また来年の課題です。

家の前にシジュウカラの一家がやってきました。向かいの家の松の木から蛾のさなぎみたいなものを引っ張り出し、幼鳥に食べさせています。大物が見つかると親が食べていました。
幼鳥の数は4羽。時々自分でさなぎをくわえますが上手に食べることができず落としてしまいます。
そんな様子を20分ほど観察。足下にカメラがあったのに観察に夢中で撮影するのを忘れていました。

深夜に窓の外からホッ、ホッと声が聞こえました。
すばやく飛び出して声のする方へ向かいますが、途中で声が途切れてしまいました。
家から直線距離で150mほどに神社がありますが、おそらくそこで鳴いていたのでしょう。
その場所で繁殖はしていないと思うので、ちょっと立ち寄っただけだと思います。
 

鳥はツバメ、花は蓮の季節です。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2012年 7月 9日(月)18時38分54秒
  野田さん、こんにちは。 最近では珍しく、2日続けて朝の散歩ができました。

散歩コースに1枚だけ残っているタンボがあって、青々と稲が成長しています。田の中にカルガモが入っていたり、低空をツバメが旋回飛行したりしていました。確実に対面できるのは、このところツバメだけです。

池にまで足をのばしたら、もうハスの花が続々と開いていました。お盆も近いことだと、抹香臭い年寄りの感想です。カイツブリの親子がいました。バンやカルガモ家族とは遭遇せず。オオヨシキリも来ることはきましたが、なぜか逗留しません。

路傍にアザミをみつけたり、去年覚えたはずの植栽花の名前が出てこなかったり、鳥に出会ったらムクドリだったり、フェンスで休憩中のヤンマを見たりと、情景さまざま。暑さ負けしないよう、それでも散歩は続けたいと思っています。 では、また。
 

オオヨシキリが元気

 投稿者:S.Noda  投稿日:2012年 6月 4日(月)16時56分37秒
  天地 悠吾さん、こんにちは。

この季節は変化が早くて大変です。1週抜けただけで森の中は真っ暗になってたりします。
この土日は山に行けなかったので、今週はどうだったのか気になります。先週見た赤い鳥はどんな行動をしていたのでしょう?

八尾空港ではオオヨシキリが元気です。
例年ならフェンスの同じ場所でずっと叫んでいますが、今年はいろんな場所に移動しながら。すぐ近くまで来ることもあります。きっと近くに巣があるのでしょう。
もしかすると今まではパートナーに出会っていなかったのかもしれません。
その後を見届けたいのですが、そろそろ梅雨入りで空港に行くことも無くなりそうです。

他はヒバリ・セッカ・コチドリがいますが、ヒバリが特に多く感じます。
そうそう、ケリのヒナを見ました。親の半分くらいの大きさまで成長しています。

冬に鳥が少なかったので、とても賑やかに感じています。
 

もうアジサイの季節です。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2012年 6月 3日(日)16時33分5秒
  野田さん、こんにちは。 ご無沙汰している間に、アジサイの季節になってしまいました。

鳥とのご縁は、遠のいてしまいがちです。シジュウカラの巣立ちも、今年は見逃しました。まぁ家族連れらしいオナガやシジュウカラには出会いました。あれは今年生まれなんだろうと思ってみていました。

しばらくぶりで見たカワセミも体全体に黒っぽく、胸の色合いも鮮やかさがないのは巣立ちして間がないのかと、想像しました。もっともここ暫く、カワセミに対面したのはその1羽だけです。

カイツブリの幼鳥は池でみますが、最近はあまり季節感がしません。やっぱり見たいのはカルガモ家族とバンの子育てですが、今季まだチャンスに遭遇せず。バンが巣作りしている現場を見たつもりだったのが、どうやら空振りになったみたいです。

野草であれ植栽花であれ、また名前を覚えなおさなくてはなりません。チョウはジャノメ系、トンボはまだです。でも6月になって、様変わりになるかもしれません。 では、また。



 

レンタル掲示板
/31