teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


よく揺れました。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2013年 4月13日(土)11時42分12秒
  こんにちは。朝から揺れましたね。余震があるかもと家人に脅されて、きょうは散歩見送り。せっかくの好天だったのですが…。

鳥のほうも、ぼつぼつ主役交代の時期。池のカモはほとんどが帰って行ってしまいました。居残りはハシビロガモ、コガモ、ヒドリガモ、それにオオバン。いずれも少数派です。

林の中に踏み込んで、気持ちとしてはオオルリ待ち。若葉が繁って見えにくい。やっと鳥影を双眼鏡で捉えたら、これがシメだったりします。シメは、まだあちこちに逗留しています。

昨日、樹間の青空を眺めていたら、パラパラッと小鳥の一群。マヒワでした。そしてこれが飛び去ったあと、1羽残っているのがいる。もしや!と思って確かめたら、立派な♂のキビタキ。新主役の登場でした。

きょう、その林へ行くつもりだったのですが、明日に持ち越しです。

ツバメはいったん対面したら、もう毎日。水溜りに泥を採りに降りてきたり、馴染みのお店の軒先に巣をつくったり、ほおえましい日常風景となりました。 では、また。
 
 

いつものツバメも

 投稿者:S.Noda  投稿日:2013年 4月 5日(金)00時11分56秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

通勤途中のいつものツバメも到着。今までは他から大幅に遅れて「今年は来ないのか?」と心配していたのでした。
パートナーも早くやって来るのか、チェックしておきます。

満開の桜並木を低高度空撮しようとラジコンヘリにカメラを付けて飛ばしました。
桜の蜜を吸っているヒヨドリや川で採餌中のカワウやカモに申し訳ないなぁと思っていましたが、それがまったく気にしないのです。飛んで逃げるものとばかり思っていました。
タカ以外の飛ぶものは気にならないのかもしれません。
最後にはカラスが追いかけてきて、大慌てで着陸させました。カラスにはちょっとストレスだったようです。

今週末は低山に行って桜に来る鳥の写真を、と考えていますが天気の方がちょっと心配です。
 

ツバメ飛んでいます。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2013年 3月31日(日)12時25分42秒
  こんにちは。こちらでもツバメが飛んでいるのを見ました。

今年の花見は、週末30日が最高。下手をするとラストチャンスだったかも。ゆっくり、遠くの池まで散歩の足を伸ばしました。

ウグイスを近くで見たのが収穫。カモ類ではハシビロガモが今年も主流。ヒドリガモは減ったみたい。まぁ、キンクロもヨシガモもまだ残ってはいますが…。など思っていると、上空をツバメが3羽飛び交って行きました。これ私の今季初認。

林の中の草地にマヒワの群れ。20羽くらいの小グループでした。シロハラ、ツグミ、アオジもいますが、数は目立って減りました。代わりに先日、樹の上にとまっていた新顔あり。確言はできませんが、オオルリの♀だったように見えました。

満開のサクラ。樹間に忙しく動くのはヒヨドリ。今季はヒヨドリもずいぶん多かったですね。せっかくなら、サクラとオオルリ、サクラとキビタキをみたいものです。何年か前、そんなシーンがありました。

シメの写真拝見。さすがです。シメも今年は多くて、散歩コースに15~20羽くらいの群れが居着いているスポットがあり、退屈しません。アメリカヒドリはまだいました。 では、このへんで。
 

樹の上でまったり

 投稿者:S.Noda  投稿日:2013年 3月20日(水)23時27分19秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

近所の公園でもウグイスが鳴き始めましたが、下手すぎて笑ってしまいました。初めて春を迎える個体なんでしょうか。あまり移動しないみたいなので、今後の成長に期待です。上手くなってきたら口笛のホーホケキョで対抗してみます (^_^)

人に懐いてしまったルリビタキとジョウビタキは、まだ滞在中。近くに♀もいますが、こちらは愛想が悪いです。

梅の最盛期のときはなぜかメジロが寄り付かず、シャッターを押せませんでした。満開を過ぎ散り始めた先日は30羽くらいの群れが右往左往。蜜の出る時期やタイミングがいろいろあるのでしょうね。

落ち着きのなかったシメが、樹の上でまったり。餌が十分に足りているのでしょう。暖かい日差しに当たって眠そうでした。

そうそう、河川敷でツバメを目撃。もう渡ってきているのですね。
 

ヤナギ青める日…ですね。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2013年 3月17日(日)17時17分5秒
  こんにちは。もう、お花見待ちの気分ですね。もっとも、フッと気がついたら、私が開花の指標にしていた公園の中の桜の木、枝が切り落とされてしまっています。残念ですが、管理上、いろいろご苦労もあってのことなんでしょう。

アオバトが帰ってきています。寒さの厳しい間、よそに行っていたものと見えます。ただ私の出会った範囲では10羽までで、例年より数ば少ないかも。今朝は、はぐれ鳥になったのか、1羽だけ目の前の木にとまってましたが、こっちが慌てたのが気配で分かったのでしょう。すぐ逃げられました。

マヒワがマヒワらしく群れをなし、まるで花吹雪のように、繰り返し地面に降り立つシーンを続けて2日ほど見ましたが、その後は小グループとしか出会いません。

イカル、シメ、ジョウビタキは健在。ルリビタキとはご無沙汰です。今朝はヒガラのグループと長々と対面できて満足しました。

新芽を出しているのは水辺のヤナギだけではなく、林の中の空地、これまで枯葉で埋め尽くしていたのが、一面の野草で青々としてきました。ひょっこりアオサギが降りてきて、草のあいだから枯れ枝を咥えて帰っていきます。あちこちで巣作りが進んでいます。やっぱり春はいいですね。 では、また。
 

春を感じられるのは

 投稿者:S.Noda  投稿日:2013年 3月 5日(火)00時02分50秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

もうウグイスが囀っているのですね。こちらで春を感じられるのは、カラスの巣作りぐらいです。3本の電柱で造り始めましたが、結局昨年と同じ場所に落ち着きました。
そうそう、エナガがペアで行動していたのも春ですね。

冬鳥があまり撮れていなかったので、再び山へ。
数はぐっと減っていましたが、まだまだ冬鳥の世界です。渡り前で採餌に忙しく、接近を許してくれるようになってきました。

来週くらいからは梅絡みの撮影を、と考えています。

 

ウグイスの初音を聴きました。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2013年 3月 3日(日)17時18分16秒
  こんにちは。もう3月ですね。緑地でも梅が咲きそろいはじめました。ウメにウグイスではなくて、メジロとツグミが多いです。

ウグイスの初音を聴きました。私にとっての今年の初音で、2月26日のこと。散歩コースを伸ばしたら見返りがありました。以前からウグイスの出るスポットで、今年も、もっと前から啼いていたのだろうと思います。

このところカラ類の混群によく出会います。次から次へと来ては去り、去ってはまた来る。下手な写真など撮ろうと思わず、双眼鏡を構えもせず、ただ無心に木陰にじっと立っているのが一番だと、つくづく感じました。

今朝、マヒワの群れが地上に降りているところに行き会いました。まだ警戒心が強いようです。

池のカモたちは、少し数が減ったのかも。ペアも増えてたし、もう帰る動きが始まったんでしょうか。私の早とちりかもしれませんが…。 では、また。
 

冬鳥いっぱい

 投稿者:S.Noda  投稿日:2013年 2月18日(月)23時53分38秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

近所の公園のツグミたちも樹から降りて、芝生広場で採餌中です。園内にアカハラも1羽いますが、それも近いうちに明るい場所に出てくることを期待しています。

ひさしぶりに山へ鳥見に行って来ました。
噂どおりに冬鳥いっぱいです。4時間ほどウロウロしましたが、退屈な時間はまったくありませんでした。
トリミングで拡大したルリビタキはとても近かったですが、これは人の世話になっていない個体だと勝手に思っています。

八尾空港はタゲリの姿が見れませんでした。もう北に帰っていったのでしょうか?
近頃は空港に行く仕事が減ったので、追加報告は難しそうです。
 

愛想のいいのも考えものですね。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2013年 2月17日(日)17時23分25秒
  こんにちは。その後も対面を楽しんでいます。

今季はじめてルリビタキと遭遇。あくる朝には久しぶりジョウビタキとご対面。どちらも♀でした。だから、というわけではないでしょうが、なんとも愛想のいいこと。伊丹の鳥に負けていません。驚いたことに足元まで擦り寄ってきて顔を見上げたりします。

休日明けでした。たぶん前の日、モデルとして餌をたっぷり貰って気をよくしてたのでしょう。あんまり近くに来るので、ズームのピントが合わせられず、嬉しいような淋しいような気分でした。しばらくつきまとってましたが、これは餌をくれない人と見極めたらしく、翌日からは顔を見せません。

ツグミは集団解除。今は地上の鳥になりました。たくさんいます。シロハラと角突き合わせて、時々は格闘戦。まずは互角ですが、最後はシロハラのほうが遠慮する場面が多いように見えます。

マヒワも単独集団で行動するようになりました。これまではカワラヒワと一緒にいることが多かったのではないでしょうか。ぼつぼつ地上にも降りてきていますが、全体としては前回、3年ほど前に大挙飛来した時に比べると、群としても、郡の構成としても数はずっと少ないように思います。

イカルは例年のスポットには来てないようですが、なぜか私の散歩コースに20羽ほどのグループがいつもセンダンノキにとまっていて、このところ毎朝対面しています。

限られた時間とコースでの見聞ですが、こうして毎日失望せずに帰ってこられるのは愉快です。 では、また。
 

まぁいいんですけど

 投稿者:S.Noda  投稿日:2013年 2月 3日(日)23時39分4秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

レンジャク、そんなにたくさん来ていたんですね。
家の近くに1本だけネズミモチがあります。ヒヨドリ・ツグミ・ムクドリで細々と食していたのですが、数日前に電線の下が糞だらけで大変なことになっていました。
知らない間にレンジャク御一行様が通過したのかもしれません。

近くの公園ですが期待どおりマヒワがやって来ました。
10数羽で、まだ樹の高いところばかりで証拠写真が精一杯といったところ。
3月頃に期待です。

他はシロハラとシメが増えました。
愛想の良いジョウビタキとルリビタキも居ますが、行動パターンがとてもあやしい。
と思っていたら餌付けをしている人を発見。ご丁寧に花まで用意しているみたいでした。
近くで写真が撮れたんで、まぁいいんですけど。
 

レンタル掲示板
/31