teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


怠け癖がついてしまって…

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2011年 6月13日(月)12時05分55秒
  野田さん、こんにちは。

こう雨が続くと、すっかり怠け癖がついてしまい、朝から曇り空だと、これ幸いと自分で散歩を諦めてしまう。我ながらダメになってしまったと落ち込みます。

目についたことといえば、今年生まれのバンの子供が、「ウリ坊」模様から茶色に羽色が変わり、若鳥らしくなってきたことくらい。あとは子連れスズメの多いことや水の上をヨロヨロ飛んで、危うく橋の欄干にとまったハクセキレイを見たことくらい。観察も急ぎ足では雑になります。

綺麗なアゲハ2つ。珍しくじっととまっているのに出会いました。図鑑で確かめると両方とも♂のようですが、別に喧嘩もしないで、あれは朝日に身体を温めようとしていたのでしょうか。

なるほど今はアジサイの季節。石楠花は過ぎました。去年、努力したのに植栽花の名前はさっぱり覚えていなくて、分かるのはガウラとビヨウヤナギくらいと、今回も低調な報告で残念です。 では、また。
 
 

大合唱

 投稿者:S.Noda  投稿日:2011年 6月 1日(水)00時49分19秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

5月に台風というイレギュラーな天候でせっかくの週末は台無しです。1年のうちで一番いい時期に1週抜けたのはとても残念です。土曜日の午前中は小降りだったので出かけておけば良かったと少し後悔しています。

その台風の大雨で近所の田んぼは水を張ったのと同じ状態になり、カエルが一斉に鳴き始めました。こんな大合唱を聞くのは初めてです。これだけのカエルがこの場所で冬を越していたなんて田畑の存在の大きさに感心するばかりです。

1羽で待機中のツバメは巣を完成させましたが、とうとう姿が見えなくなりました。他の場所にパートナーを捜しに行ったのかもしれません。
 

こう雨が続いては…

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2011年 5月30日(月)17時45分57秒
  野田さん、こんにちは。 ご無沙汰しました。

でも、こう雨が続くと散歩もできず、したがって報告もお休みとなります。明日は晴れの予報ですから、歩いてみましょう。

カルガモの子育てが始まっていないか、もう水辺に移動してしまったか、確かめたいところ。それとカイツブリの子供が親に、いやにジャケンにされてましたが、その後はどんなふうか。親のほうは二番子のほうに関心が移っているのか。そのへんが分かるかもしれません。

とにかく歩いてみないと始まりません。 では、また改めて来週に。
 

盛り上がりました

 投稿者:S.Noda  投稿日:2011年 5月18日(水)00時23分22秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

こちらでは雨の後ツグミ、エゾムシクイが再び姿を見せました。そしてノゴマ登場で盛り上がりました。わずか10数分で再び姿を見せることはありませんでしたが貴重な出会いです。

こちらでも蝶が増えてき、ゴマダラチョウを見ました。これは珍しいと喜んでいましたが、この付近では普通に見れるそうです。

通勤途中のツバメですが、4月中旬に到着してからずーっと1羽のままです。パートナーに不幸があったのでしょうか。最初の頃は鳴きながら飛び回っていましたが、最近は電線に止まったままじっとしています。とても寂しい光景です。
 

エナガの幼鳥と対面

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2011年 5月16日(月)18時27分29秒
  野田さん、こんにちは。 いつもの「限定」報告です。

雨が3日ほど続いた後、散歩を再開しましたが、渡りの鳥はどうやらいなくなりました。ツグミもシロハラもいなくなりました。コマドリとはちゃんと対面できないままで残念です。

季節が移って、それぞれ地場の鳥たちの子育てが主題になります。私が見ているバンの子供は3羽。ずっと元気にしています。カイツブリは、今は別の池で1羽がいつも親鳥に甘えているのを見ます。両方とも本当は兄弟がもっといたのでしょうが…。

頭上の枝にエナガの小グループが来ていました。羽根や頭の色合いが違うのがいて、これが今年生まれの幼鳥だろうと思いました。たまたま写った写真の1枚に、目の周りの赤いのが写っていました。瞼の赤いのが幼鳥エナガの特徴だと図鑑の解説にあるのを見つけて、なるほどと感心しました。

鳥がいなくなって、チョウの飛ぶ姿が目につき始めました。けさも新顔のチョウを見つけましたが、まだ図鑑で確認できていません。では、そのうちに何とか。
 

一生懸命羽ばたき

 投稿者:S.Noda  投稿日:2011年 5月10日(火)23時57分2秒
  天地 悠吾さん、こんばんは。

マミチャジナイとはいいですね。♀ならあっさりした色使いだったと記憶しています。こちらは多くのアカハラが立ち寄りましたがマミチャジナイはいなかったようです。

GWの終了とともに定点観測地の冬鳥・夏鳥が一斉にいなくなり静かな公園になりました。もう渡りは終わったのかと思い別の場所に行ったら、その日に大量のコルリがこの近辺を通過して行ったようです。自分のイメージではコルリは4月中旬がピークでGW頃が最終だと思っていたので驚きです。どこかで足止めを食らっていたのでしょうか。

巣立ち直後のシジュウカラを見ました。一生懸命羽ばたきますがコントロールがうまくできずに頭から地面に突っ込んだりしていました。好奇心旺盛で我々の顔をのぞきに近くまで来ました。その時はコンパクトカメラしか持っていなかったのでボケボケなのが残念です。
 

続き②です。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2011年 5月 9日(月)12時29分16秒
  調子がおかしくてすみません。

またアカハラかと思ったら、それがちがってマミチャジナイでした。それにしては朱色がすっきりしないのですが、どんなものでしょうね。アカハラより、ずっと落ち着いていました。

そろそろコマドリの季節。散歩圏内にもう来ている気配がします。よく鳴きますが、まだ表に出てきたところに遭遇していません。

バンのヒナが3羽育っています。次はカルガモの番ですが、まだ出会いません。きょうは調子が狂ったままですが、これで失礼。 では、また。
 

↓の続きです。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2011年 5月 9日(月)12時19分1秒
  松の木にとまって鳴いていました。けさの散歩で今季初対面。芦原のほうも上部をわずかに残して、すっかり緑になっています。

オオルリ、キビタキも滞在中。キビタキともじっくり対面できました。サクラの木にとまっていたので、案外近くから見ることができました。シメには、けさは対面できませんでした
 

オオヨシキリが来ました。

 投稿者:天地 悠吾  投稿日:2011年 5月 9日(月)12時13分3秒
  野田さん、こんにちは。 いつもの「限定」報告です。

にぎやかな鳴声で遠くから分かります。久しぶりのオオヨシキリ。忘れずにくるところ、偉いものです。小さな芦原のそばの松の木
 

こちらのシメも

 投稿者:S.Noda  投稿日:2011年 5月 3日(火)17時17分37秒
  天地 悠吾さん、こんにちは。

こちらのシメも滞在中。渡って行く気配がありません。毎日姿を見せているので徐々に慣れてきたようで、逃げ出す距離が近くなってきている気がします。シメにとっては大迷惑な存在だと思いますが (^_^;

日替わりでいろいろな鳥が立ち寄ります。一番のお気に入りはノジコです。まさかココで見れるとは思っていませんでした。4/29に見つけてから5日間滞在中です。次に気温が上がったタイミングで旅立つのでしょうか。

今年は探鳥旅行の予定なしですが、明日は日帰りでプチ遠征の予定です。
 

レンタル掲示板
/31