teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2013年兆民忌

 投稿者:エデンの東  投稿日:2013年12月19日(木)21時45分43秒 p4009-ipad04kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp
返信・引用
  今年の兆民忌

中江兆民は新堀川のそばで生まれ、東京でなくなりました。
没後112年の今年も記念講演会を予定されています。

兆民は自由民権運動の理論的指導者として活躍しました。また東洋自由新聞・自由新聞・東雲新聞・第2次自由新聞・立憲自由新聞・北門新報などの主筆や社説係を勤めております。彼はジャーナリストでもあったわけです。
一昨年に講演されました佐高信氏は兆民を「常に状況に身を置きその状況を変えようとした人」と評しました。

今年はそんな兆民にふさわしいジャーナリストをお迎えいたします。
朝日新聞編集委員で朝刊三面に連載中の『プロメテウスの罠』を担当しておられます依光隆明氏です、と言うよりも元高知新聞社会部部長と言った方がわかりやすいと思います。
そして特別ゲストといたしまして、この連載にも登場されています福島県飯館村長泥区長の鴫原良友氏をお迎えいたします。依光氏は「長泥は放射能でバリケード封鎖された地区です。日本から抹殺されようとしている地区、と言えるかもしれません。そういう人の声を直接高知へ届けたいと前々から思っております。」と述べられております。

兆民忌講演会は12月13日夜
中央公民館第三学習室。

http://www.kochi-al.org/index.html

 
 

フランス人から見た日本<秋水や兆民を通して>

 投稿者:下司孝之  投稿日:2012年12月 2日(日)15時12分48秒 p5187-ipad04kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp
返信・引用
  高知市で開催される講演会の転載

フランス人から見た日本<秋水や兆民を通して>

フランス人研究家のrレヴィ博士がフランス語ではなく,
流ちょうな日本語で話してくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2012年12月4日 14:00~15:30(開場:13:30)

場所:高知市立自由民権記念館
参加費:500円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講師:クリスティン・レヴィ(Christine Levy)さん
フランス・ボルドー大学所属。
現在、日仏会館フランス事務所、フランス国
立在外共同研究所研究員。
専門は近代日本思想史、政治史、社会史、社会運動、
女性解放運動。
中江兆民『三酔人経綸問答』や
幸徳秋水『廿世紀之怪物帝国主義』をフランス語に翻訳

主催:高知の歴史と文化を学ぶ会
 

助かりました!

 投稿者:えこら  投稿日:2012年 5月31日(木)07時06分38秒 251.192.204.221.adsl-pool.sx.cn
返信・引用
  翻訳をしています。中江兆民の一年有半を探してたどり着きました。本当にありがとうございました!参考にさせていただきます。  

兆民忌@土佐

 投稿者:下司孝之メール  投稿日:2011年11月29日(火)10時38分46秒 p1171-ipad07kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp
返信・引用
  「兆民110年忌」  歴史  中江兆民110年忌の講演会のお知らせです。

 来る12月13日は兆民が亡くなって110年になります。東洋のルソーと
呼ばれた兆民をしのびまして講演会を行います。是非お越しください。

 講演者は評論家の佐高信氏です。過日、テレビの対談番組で兆民の
著書であります三酔人経綸問答を語られたときはのりのりでした。佐
高さんに講演依頼を行いましたところ、「兆民の著書は何冊も読んで
います。兆民の講演はかなりやりやすい。出演料も格安でもよいです。」
とまで言っていただきました。その佐高さんに兆民論を熱く語ってい
ただきます。日程その他は以下のようです。

中江兆民没後110年忌 記念講演の夕べ

12月13日は中江兆民の亡くなった日です。兆民は高知市はりまや
町(旧山田町)に1847年に生まれ、長崎・江戸留学を経てフランス
へ留学。ルソーの思想を学び、帰国後この思想を広め、明治期の自
由民権運動の理論的指導者として活躍しました。東洋のルソーと呼
ばれた兆民をしのんで、兆民に対しては格別の思いを持たれており
ます、評論家佐高信氏に熱く語っていただきます。

開催日  2011年12月13日(火)

開催時間 午後6時00分~午後8時
6:00~6:30 紙芝居
民権紙芝居 「ふたたびあがる自由の叫び」
出演者 馬鹿林明美氏 馬鹿林香氏

6:30~8:00 記念講演演題「中江兆民の巨きさを熱く語る」
講師 佐高信氏

会場 自由民権記念館(高知県高知市桟橋通4丁目14-3)
協力金 500円

主催 新堀川界隈ネットワーク・自由民権記念館友の会
連絡先 高知市立自由民権記念館友の会事務局
 電話 088-831-3336

http://www.kochi-al.org/

 

兆民を継ぐ者

 投稿者:下司孝之メール  投稿日:2011年 8月16日(火)21時04分9秒 p2198-ipad08kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp
返信・引用
  日本の平和憲法に大きく影響を与えた「憲法草案の作成者、植木枝盛」関係の催しをお知らせします。

8月20日(土)午前9時~自由民権記念館のリニューアルオープンセレモニー「憲法草案の生まれた書斎ー行動する思想家・植木枝盛」
  10時~記念講演「植木枝盛と憲法草案」講師・松岡僖一 自由民権記念館館長
  11時30分~記念講演「植木枝盛旧邸書斎の移築と復原の意義」報告者・三浦要一 高知県立大学准教授  です。
  場所・自由民権記念館
   高知市桟橋通り4丁目

http://www.kochi-al.org/

 

リンクのお願い

 投稿者:さるしばいメール  投稿日:2010年12月12日(日)08時55分26秒 zaq3a553f4e.zaq.ne.jp
返信・引用
  はじめまして。貴HPを下記拙blog中の「火の虚舟」を読む12にリンク致したく、お願いします。
http://blog.zaq.ne.jp/mura339/
ご承諾頂けるのであれば、返信は不要です。どうぞよろしく。

http://blog.zaq.ne.jp/mura339/

 

誕生日

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2010年11月 1日(月)22時27分58秒 tetkyo127225.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  今日、11月1日は、Wikipediaあたりでは中江兆民の誕生日とされている日です。
もっとも、兆民の誕生日には諸説あり、私としては、11月27日説を採ってますが。
 

Re: メアドが見つけられなかったのでコチラへ

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2010年10月 4日(月)21時39分23秒 tetkyo127225.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  > No.3869[元記事へ]

松裕堂さん>

わざわざご連絡ありがとうございます。

ちかいうちに直しておきますね(^_^)
 

メアドが見つけられなかったのでコチラへ

 投稿者:松裕堂  投稿日:2010年10月 4日(月)08時57分5秒 p6205-ipngn201akita.akita.ocn.ne.jp
返信・引用
  どうも竜野天馬さん、御無沙汰しております。松裕堂です。
メールで済ませればいいような内容を、こちらの掲示板に書くのもどうかとは思ったんですが、連絡もしないで放置するのもさらに失礼と思いましたので、掲示板汚し、何卒ご寛恕くださいませませ。

要件なんですが、当方サイト「龍馬堂」のURLが【http://homepage2.nity.com/ryomado/】から【http://ryomado.in.coocan.jp/】へ変更になりましので、ここに御連絡もうし上げます。

お暇なときにでもリンク内のアドレスを御変更いただければ甚幸です。
よろしく御願いします。

ではまた。

http://ryomado.in.coocan.jp/

 

中江兆民展

 投稿者:下司孝之メール  投稿日:2010年 9月22日(水)21時20分0秒 p5177-ipad09kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp
返信・引用
  10月9日~12月19日

AM9:30~PM5:00
自由民権記念館2階展示室

  中江兆民展
 自由・平等・平和を求めて

自由民権期年間企画展「坂本竜馬の遺志を継ぐもの」第4弾


 〒780-8010
℡088-831-3336
http://www.i-minken.jp

主催:高知市立自由民権記念館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
兆民宅そばの新堀川は北半分が埋め立てられましたが、南半分は工事が中断されました。
その模様は、読売新聞8月23日号夕刊に1面を使って出ております。
http://www.yomiuri.co.jp/zoomup/zo_100823_01.htm

新堀川
http://white.ap.teacup.com/shinbori/

http://www.kochi-al.org/

 

早速のご返事へ

 投稿者:公文 豪メール  投稿日:2010年 5月26日(水)15時54分44秒 cm104.kctv1.catvnet.ne.jp
返信・引用
  早速、ご回答いただき有り難うございました。6月中旬、上京の予定ですので、また霊園を歩き回って探さないといけませんね。相楽総三のお墓はみつかりましたか?立山墓地の島本仲道墓の近く、確か、小さな石の標柱みたいなものに名前を刻んであったように記憶しています。歴史上の人物の墓の撮影まで規制してはいけませんね。各霊園の管理事務所では「歴史的墓所ガイド」を配っているのに、矛盾きわまりない話だと思います。故人の名誉を傷つけるわけではなし、先人の偉業に敬意を払って写真を撮っているのですから、篠山紀信のヌード撮影と一緒に扱われるのは確かに迷惑です。機会があれば、青山霊園でお会いしましょう。  

Re: 青山霊園

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2010年 5月26日(水)08時01分41秒 tetkyo127004.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  > No.3862[元記事へ]

公文 豪さんへのお返事です。

お久しぶりです。

残念ながら、どちらの人物の墓も心当たりがありません。
機会を見つけて調べてみますね。

ちなみに、霊園の管理事務所は、そういったことを問い合わせてもぜんぜん分かりません。
以前、青山霊園に併設する立山墓地に相楽総三の墓があるという記述を本で見つけて探しに行ったのですが、管理事務所に問い合わせても、まったく何の手がかりも得られませんでした。
管理事務所は、基本的に無縁になってしまった墓のことについては関与しない方針のようです。

それと、下のほうに昨年末の兆民先生の命日に青山霊園を訪れたときの記事を書いてますが、歴史上の人物の墓の写真を撮ることにも、管理事務所は極端に冷淡になったようです。

というか、基本、青山霊園管理事務所は、本当にただの墓地の管理事務所で、感覚的には、その辺にあるつい最近できた霊園の管理事務所なんかと同じ感覚でしか仕事はしてないんだろうなあと思ってます。
日本で最初の公設の霊園であり、数々の歴史上の人物の眠る場所である、ということにも何の意識も持ってないし、まして、そういう歴史上の人物の墓を訪ねたい歴史ファンの心情にも、何の理解ももっていないところなのだと思ってます。

青山霊園の発行しているパンフレットには、歴史人物の墓の宝庫であることも記載され、史跡散策の場としても利用してほしいとか書かれてるんですけどね。あれは、たぶん東京都の教育委員会とかが発行しているだけのことであり、霊園事務所の職員にはそういう意識は全然ないんだと思いますよ。
 

Re: リンクのご報告です

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2010年 5月26日(水)07時51分41秒 tetkyo127004.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  > No.3861[元記事へ]

JJJさんへのお返事です。

リンクのご連絡ありがとうございます。
よろしくお願いします。
 

Re: 兆民忌もしました

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2010年 5月26日(水)07時50分41秒 tetkyo127004.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  > No.3860[元記事へ]

すみません、また放置状態でした。

下司孝之さん

> 高知からです。
> 昨年12月13日、ゆかりの方のお墓参りと講演会がありました。
> 兆民の前の新堀川は埋められて道路に成り果てました。

とうとう新堀川も埋め立てられてしまったんですね。
高知にはもう長いこといってませんが、かつて見た史跡の風景が失われていくのはさびしいです。

ちなみに、龍馬伝は私は結構好きです。
どの人物も実年齢より老けすぎているのと、武市半平太の扱いがあまりにもひどいのが難点ですが。
でも、前回は、その武市さんの扱いもちょっとよくなりました。
 

兆民と中国について

 投稿者:公文 豪メール  投稿日:2010年 5月26日(水)01時34分57秒 cm104.kctv1.catvnet.ne.jp
返信・引用
  久しぶりに訪問し、投稿ついでにこれまでの投稿を閲覧して、兆民と中国との関係についてのやりとりを拝見しました。最近、上海出身の歴史研究者と親しくなって話を聞きましたが、兆民の「民約訳解」は「政理叢談」に漢文で発表されたため、中国では清朝末期に多くの海賊版が出版され、現在、上海の図書館にそれらが保存されているそうです。兆民が中国の近代思想形成に影響を与えたことは間違いありません。これについては、故島田虔次先生の論文があるようです。機会があれば、一度、海賊版を見てみたいものですね。ご参考までに。  

青山霊園

 投稿者:公文 豪メール  投稿日:2010年 5月26日(水)01時02分39秒 cm104.kctv1.catvnet.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。大変ご無沙汰しております。高知の公文です。以前、青山霊園に大変お詳しいとお聞きしましたが、自由党幹事・林包明の墓をご存じありませんか?何度か探したのですが、どうしても見つけることができません。青山霊園にあることは間違いありませんので、もしご存じでしたら、ご教示ください。いまひとつ、山本幸彦の墓も同霊園にあるはずです。この人物はあまり知られていませんが、「龍馬伝」で広末涼子が演じている平井加尾が結婚した自由党幹部西山志澄の実弟です。可能ならば、この人のお墓も写真に撮りたいのですが、霊園事務所で聞いて教えてくれるでしょうか?誠にご面倒な問い合わせですが、少しでも手がかりがあればと思い、投稿しました。どうか宜しくお願いします。  

リンクのご報告です

 投稿者:JJJ  投稿日:2010年 4月26日(月)15時57分55秒 opt-123-254-46-74.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  お世話になります 高知観光・高知の面白いページの管理人JJJと言います
さて貴サイトの中江兆民HPを土佐の高知の偉人と銅像のページ

http://jjjsss.web.fc2.com/tosanoijinn/tosanoijinn.htmにリンクさせてもらいました、
今後ともよろしく お願いします、

http://www.kcb-net.ne.jp/jjjsss/

 

兆民忌もしました

 投稿者:下司孝之メール  投稿日:2010年 4月16日(金)21時50分19秒 p5184-ipad04kouchinwc.kochi.ocn.ne.jp
返信・引用
  高知からです。
昨年12月13日、ゆかりの方のお墓参りと講演会がありました。
兆民の前の新堀川は埋められて道路に成り果てました。

龍馬伝は面白くなくて2、3度拝見してから見ていませんが、龍馬が通った武市道場の辺りは新堀川で500メートルほども行けば兆民宅です。
連休にでも来られる方がいればご案内いたしますよ。

http://www.kochi-al.org/url/geshi-top.html

 

「龍馬伝」初回

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2010年 1月 3日(日)22時24分46秒 tetkyo127100.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  初回を見終わり、とりあえず現時点ではかなり満足。
相当できがいいんじゃないか、これ。

時代劇は、大概の場合、登場人物の衣装がきれい過ぎる。
近代化以前の日本の一般庶民は、もっとど汚ないカッコウをしているのが当たり前だったはず。
その点で多くの時代劇ドラマはあまりにもリアリティがなく、私の思い当たる唯一の例外は「幕末青春グラフィティ」くらいだった。

が、今回の「龍馬伝」、そのあたりのリアリティを相当に追求している様子が見て取れる。

というか。

私の受けた印象では、とりあえず今日のところは、この『龍馬伝』の全体的なイメージ、「幕末青春グラフィティ」シリーズや、「お~い!竜馬」などの【武田竜馬】のイメージをかなりの程度に踏襲してる気がするのだが。

少なくとも、「竜馬がゆく」の【司馬竜馬】よりは、武田竜馬のイメージに近いといえる。

ともあれ、今後が期待できそうな展開に、竜馬ファンとしてはどきどきわくわく。

「新選組!」「篤姫」と、幕末もの大河ドラマは二連続でなかなかの傑作になっている(私の評価では)が、「龍馬伝」もそれに続けるか?
 

青山霊園

 投稿者:竜野 天馬@管理人メール  投稿日:2009年12月13日(日)22時28分58秒 tetkyo127100.tkyo.te.ftth2.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  ということで、兆民先生のお命日に当たるので、例年のごとく青山霊園の兆民中江先生えい骨之標におまいりしてきました。

天気予報だと午前中は晴れのはずだったのに、朝からどんよりな曇りで若干意気阻喪。

それでも10時過ぎくらいにたどり着き、お参りを済ませて写真を何枚か。
すると、霊園管理事務所の係員が声をかけてきました。

「青山霊園では、個人のお墓を写真に撮るのは原則禁止なんです」

ん?

10年以上、青山霊園に通って幕末・明治をはじめとする歴史上の著名人の墓を写真に収めてきたが、んなことただの一度も言われたことがないぞ。

当然、猛抗議。

「それは一般の人の墓の話ですよね? こちらは、歴史上の人物の墓を見学しているだけです」

でも、その係員は、原則禁止の一点張り。

いや、そりゃさ、墓は聖域だってのは分かるし、たとえ歴史上の人物の墓だって、それなりに敬意と節度は必要だってのも十分承知してますが。
でもさ。
歴史上の人物の墓は、「史跡」でもあり、ある程度公共的な意味を持つものだろうに。一般人のそれとは、おのずから意味合いが違ってくるはず。
節度を越えて聖域を侵害するのはまずいが、節度の範囲内で、「史跡」の写真を撮るくらいは許されていいのではないか?
第一、歴史上の人物の墓を写真に収めることが禁止されちまったら、多くのアマチュア歴史ファンのささやかな楽しみが大幅に奪われることになっちまう。
ってか、青山霊園では、「青山霊園歴史的墓所ガイド」というパンフレットを発行していて、そういう歴史散策の場として霊園を利用することを奨励さえしているのだが。そのパンフレットにも、もちろん節度を守って見学することは謳われているけれど、写真を撮っちゃだめ、なんて一言も書かれていないんですが。
矛盾してるんじゃないか。

係員は、「公に発表する写真なら(たとえば本にして出版するとか)なら、遺族の許可をもらって来い」というのだけど、そもそも青山霊園の歴史人物の墓は、無縁墓になってるのも多い。兆民中江家の墓所もそうで、兆民の子丑吉は子供を作らなかったから、今は中江家の家系は絶えているのだ。どうやって許可をもらえばいいんでしょうか。
というより、そもそも、アカデミックな研究ではなく、個人のささやかな歴史趣味の場合、いちいち史跡の写真を撮るたびに遺族の所在を突き止めて許可なんてもらってられないだろう。むしろ、遺族の方だって、ゴマンといる歴史ファンがいちいち撮影の許可を求めてきたら、そっちのほうが迷惑なんじゃないのかなあ?

係員とは、結局「公に発表する写真ではなく、あくまで個人の歴史趣味の範囲で撮っているものだから」ということで妥協したんだけど。

青山霊園がよい14年目にして初めてこんなことを言われた理由をちょっと考えたんだけど、例の事件のとばっちりなのではないかと思う。

篠山紀信が、青山霊園の他人の墓に踏み込んで、ヌード写真撮影したってやつ。
あの事件のあおりを食らって、一介のの歴史ファンのささやかな楽しみにまで、細かいこというようになったんじゃないかなあ。
そうだとすれば、本当に迷惑な話ですな。
篠山紀信のやったことは、明白に「節度」を踏み外している。
ああいうのが排斥されるべきなのは当然でしょう。
だからといって、節度を守って撮影している個人歴史ファンにまで累を及ぼさなくってもよさそうなもんですが。

※mixi日記に載せた文章を若干手直しして再掲しています。
 

レンタル掲示板
/51